プロ野球遠征の思い出② 2014年坊っちゃんスタジアム

NO IMAGE

今回も昔行った遠征のお話です。当時の写真が見つからず、文だけでお楽しみください。

四国に上陸するのは修学旅行以来でした。当時は香川県高松市に少し滞在しただけで、市内中心部で遊んでいたぐらいしか覚えていません。

あれから数十年経った2014年8月24日、飛行機で松山空港に降り立ちました。有名なみかんジュースの蛇口を見た時はちょっと感動してしまいました。

松山駅近くのホテルにチェックインした後、正装に着替えてさっそく坊っちゃんスタジアムへ向かいました。松山駅の次の駅だったので帰りの交通手段もバッチリでした。

ヤクルトの主催ゲームだったのですが、この時に黄緑色のユニフォームをプレゼントしておりました。私は3塁側の内野席にいたのでもちろん貰えませんでした。うまくやれば貰えたかもしれません。

スタジアムは思った以上に広く感じました。外野スタンドの向こうには川が流れており、「河川敷スタジアム」だと勝手に思っていました。

先発はDeNAが井納、ヤクルトが小川でした。試合は2-1でヤクルトの勝利。最終回にバルディリスのホームランで一矢報いるのが精一杯といった内容でした。

夏のナイターということで、もちろんビールを飲みながら観戦していたのですが、売り子さんが私にマンマーク状態でした。私の周りはほとんど人がおらず、ビールを買っていたのも私ぐらいだったので、私のことを上客とでも思ってくれたのでしょうか?それは見当違いというものですがね。

帰りはJRの車内が結構混んでおりましたが、普段から通勤ラッシュを経験しているので大したことはありませんでした。松山駅近くのコンビニが閉店しているということに驚きましたが、少し歩いた所に24時間営業のスーパーがあって助かりました。お酒とツマミを買ってホテルで晩酌。近くの居酒屋にでも入れば良かったなぁと思いましたが、入るのを躊躇してしまいました。

翌朝、お目当ての坊っちゃん電車に乗って道後温泉に向かいました。私の隣に座っていた方のバッグに見慣れたベイスターズのロゴが入っていたので思わず話しかけてしまいました。その後、車内の5〜6人の方々が昨日の試合を観たベイスターズファンということが分かり、車内でベイスターズ談義に花が咲いてしまいました。結局、話は道後温泉の浴場まで終わることがありませんでした。初対面の数人でいきなり裸の付き合いとなりました。

その後は1人で松山城に登り、時間の都合で鯛めしを食べられず松山空港に向かったのでした。

初めて行った松山遠征は試合には負けましたが、内容はかなり濃かったと思います。また機会があれば行きたい球場の1つになりました。

遠征シリーズはまだまだありますが、とりあえずこんなところです。また気まぐれに書くかもしれません。

それではまた🖐

YOKOHAMA/

良かったらボクをクリックしてたぬ☆

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村